2014年03月03日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 57 $の勝ち & 映画「ピノキオ(1940)」について

季節もやっと夏が過ぎて秋になったねホップ!ステップ!ジャンプ!⌒v⌒v⌒v⌒ミ(ノ ̄)ノ
就寝時はちょっと肌寒く感じ毛布が無いと寒い気がします
インフルエンザにかからないように用心しないと!壁|ε=ε=ε=ミ( ノ_ _)ノ=3 ズコ-!!

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね〜
だから映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!!( ̄▽ ̄)うへへへぇ〜
ってみんなのシネマレビューに載ってる感想ですがヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪


本日は「ピノキオ(1940)」の感想を紹介したいと思っています!!!!┗┫´,_ゝ`┣┛プッ


この映画の製作年は1940年です!

監督はベン・シャープスティーンとハミルトン・S・ラスケで、脚本がビル・ピートです!!!(^w^) ぶぶぶ・・・

この映画の主役は「ピノッキオの冒険」 (カルロ・コッローディ)です!!!!(-_-)ウーム

この映画の声優さんを列挙すると、カルロ・コッローディってな感じわぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

これが1940年の映画とは・・・DVDで

見るとデジタル処理されてるのかもしれないけれど、

それにしてもこの時代に画質、ストーリーが

ここまで質の高い作品を作ったディズニーに

脱帽。



ピノキオがあまりにも子供らしい純真さを

持っていて、それによって道を踏み外してしまいそうに

なる。



これは好奇心と言えるんだろうけど。



でもなんでも好き勝手をしていると、

最後には自分の身に降りかかって返って来ると言う教訓に

もなっている。



嘘をつくと鼻が伸びて、クジラに襲われるシーンが

あるという程度にしかストーリーを

知らなかったので、ちょっと意外な面で

もあった。

単純ながらも奥深く、大人でも楽しめる作品だと思う。

名曲「星に願いを」も本当に素晴らしい。





●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね〜。イエーイ(゚ー゚*d)(b*゚ー゚)イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回はタンヤオを説明したいと思いますキャハキャハ!!(^Q^)/゙


手牌に公九牌(ヤオチュウハイ)が1枚もない状態でホーラした際の役です。

つまり数牌の2〜8のみで作り上げる必要があります。

鳴きをして断公九(タンヤオ)でアガルことを「食いタン」と言いますが、
食いタンが有の際と無の場合があります。

やる前にしっかりと取り決めましょう| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ニョキ♪

食い下がりなし(食いタン有の時)
食いタン無の時は、面前(めんぜん)でなければいけません。



A筒A筒3筒 3筒 3筒2萬 2萬 2萬6筒 7筒 8筒E筒 F筒


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


どら麻雀

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

タンヤオ(出現割合:21.4%)
2〜8までで揃える役。
喰いタンが有りのDORA麻雀では早上がり重視でかなりオーソドックスな役。
喰いタン有りというのはDORA麻雀の大きな特性で、鳴きが好きな人からすれば嬉しい役だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(-ω-;)ウーン


本日はこの辺で!
今日は腰が痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ〜。☆GOODNIGHT☆(;д;)ノ~▽''。・゚゚・



おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 92 $の負け & 映画「ゲド戦記」のレビュー

今秋も暑かったですね。(*'-')ゞリョウカイ♪

ということでサンマが美味しい季節になります...."8-(o ・_・)====○パーンチ!!

秋刀魚に合わせる食物と言うと白いご飯だろうィェーィ!o(▽^v)v(゚▽^)v(v^▽)oィェーィ!


そしてこれにキュ〜っと「萩錦」を飲むと最高です“乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)うん♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね〜
だから映画の感想を紹介したいと燃えております( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ
ってみんなのシネマレビューに載ってる感想ですが(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・


本日は「ゲド戦記」の感想について紹介しようかと思っています!!!( ̄∇+ ̄)vキラーン


この映画の製作年は2006年です。

監督は宮崎吾朗で、脚本が宮崎吾朗と丹羽圭子です!!ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

この映画でメインで出てくるのは、アレン (岡田准一)とかテルー (手嶌葵)です!( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)

取り敢えず、この映画の他のキャラを列挙すると、クモ、ウサギ、テナー、ハジア売り、女主人、王妃、国王、ハイタカ(ゲド)ってな感じ。(^_-)vブイブイッ

絵や構図がいまいち垢抜けない。

物語は疑問だらけ。



何故そうなるのか説明が足りない。



繋ぎが破綻している。

原作を読まない奴に用は無いってこと?新人監督ゆえに

技量の少なさは仕方が無いことなのかもしれない。





一番気になるのは吾朗監督の悪党の描き方。



僕は勧善懲悪ものは好きです。



ただし、悪党にも魅力が無きゃならない。



ジブリ映画ならそれはなおさらに。



それが何あれ?クモはまあ百歩譲って許すとしてその手下達?最初テルーを

レイプしようとしてたろ?ありゃ完全なるクズだよ!しかも奴等逃げ延びてるしな!ジブリの看板背負っておきなが

ら魅力の欠片も無い悪党の描き方を

する監督の感性をとことん疑う。

あれだけの名作を世に出してきたスタジオジブリなら良い物と悪い物が

分かるはず。





ジブリだからこそ、キャラに魅力が

なければならない。





ジブリだからこそ、信頼と尊敬と期待を

込めて観るんだよ。

多くの感動を頂いた分この固定観念は

不変に近い。



故に、評価はどうしても厳しいものに

ならざるをえないんです。



宣伝にだけ力を入れるようなマネは

もう最後にして下さい。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね〜。Ψ(´д`)Ψヶヶヶ・・・
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は混老頭に焦点を当てたいと思います!!!( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ


2翻役だが、対々和(といといほう)もしくは七対子(チートイツ)が必ず複合するから、実質的には4ハン役です。

混全帯公九(ちゃんた)の対々形式または七対子(チートイツ)形式の上位役でしょうので、
混全帯公九(ちゃんた)とは複合しない。

役牌や混一色(こんいつ)などと複合しやすく、三暗刻(サンアンコー)、三色同刻(さんしょくどうこー)と複合することもあります。

対々形の場合は混老対々、七対形の際は混老七対と呼ばれるコッチニオイデ"ヘ( ̄ー|


字牌を用いない形は清老頭、逆に字牌だけだと字一色となり、どちらも役満となる。

なお、混老頭(ホンロウトウ)で使える牌13種全てを使うのが国士無双(コクシ)でしょう。


実戦では、国士狙いから対子(トイツ)や刻子(こうつ)が増えてゆき、
ポンして混老頭(ホンロウトウ)に移行するというパターンも多い。

ただし、あまり派手に鳴きすぎると他家の警戒を招く役でもある(゚Ω゚;)ハッ!!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

混老頭(出現割合:0.08%)
国士無双の延長線上で展開されるのがこの混老頭。
二翻役ではあるものの、対々和が100%入るので実際は満貫が約束されている役。三人麻雀ではそこまで難しい役でもないので、赤ドラが無いDORA麻雀で満貫確定というのも魅力なので狙いに行く価値はあるかも?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。( ̄-  ̄ ) ンー


今から1時間後にはついに待ちに待った小学生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ〜〜( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!



おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。