2014年03月28日

DORA麻雀の役「一盃口」 & 映画「荒野の決闘」の感想

う〜〜ん体重がまずくなってきたヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
減量しないと。。。

減食は無理なので
運動しよか┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

どれにしようかな?ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
スポーツと言えばバレーボールなのかな
私にとっては(-。−;)

けれども、一人だと継続は難しいだろうなあヤン(~-~*)≡(*~-~)ヤン
誰か一緒に続けられる仲間募集=^-^=うふっ♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここのところ映画にハマっているのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと燃えております!(VーV) フフ

はい!?テメエの紹介文じゃないのかよ!?
という突っ込みはスルー((┌(。△。)┐))ワッハッハ


本日は「荒野の決闘」の感想について紹介しようかと思っています!!!ニヤリビーム!!(ノ ̄ー ̄)‥‥…━━━━━☆( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


この映画が作られた年は1946年です!

監督はジョン・フォードで、脚本がサミュエル・G・エンゲルです!!゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

この映画のメインは、ヘンリー・フォンダ (ワイアット・アープ)とリンダ・ダーネル (チワワ)です!!・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

この映画の他の俳優さんを列挙すると、ヴィクター・マチュア、ウォルター・ブレナン、ティム・ホルト、ウォード・ボンド、ジョン・アイアランド〔男優・1914年生〕、ジェーン・ダーウェル、キャシー・ダウンズってな感じ柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ

ヘンリー・フォンダに保安官役を当てると言うのは

、少々疑問が生じたものだが、いざ見てみると、

この洗練された格好よさは、新しい「正義の人」のイメージを

観客にアピールするのに、ぴったりだったと言ってよかろう。



即座に「大根役者」と呼ばれるヴィクター・マチュアも、

全くそう思えない程の名演で、今まで

使ってきた監督が、マチュアの良さを

引き出せなかったからだと思う。

人間関係を描く事に的をしぼり、撃ち合いは

最後の決闘シーンしかないが、これが

またものすごい緊張感だ。



実際の決闘もかくやと思わせる。





良い映画です。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね〜ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は一盃口を説明したいと思います!!!!プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!


一盃口というのは最も良くある役の一つですね。
ここでは、生徒役の石川と師匠役の小原のおふたりに出てきてもらいましょう。


小原『カタカナで書くと「イーペーコー」「イーペイコー」「イーペーコ」「イーペイコウ」
など表現にバラツキはありますが気にしないでください。なんでもいいです。
形としては、こんなものです。


四萬 五萬 六萬四萬 五萬 六萬七萬 八萬 九萬7索 8索中中

四萬 五萬 六萬四萬 五萬 六萬が一盃口(イーペーコー)の部分ですよ(¨)(..)(¨)(..)ウンウン』


石川『あー、成程(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
まったく同じ順子(シュンツ)を2つ用意すればいいわけか。
ところで「確定している・していない」って何?』


小原『たとえば、こんな形で待っていたとします。


7萬7萬8萬8萬9萬 5筒 6筒 7筒一萬 一萬 一萬東東    


当たり牌は6萬と9萬ですね。


ここで6萬が出たら一盃口(イーペイコウ)ではありませんね。


こんな形を「確定していないイーペイコー」といったり、いわなかったり…アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

考え方ですね。「高目で一盃口(イーペイコウ)」とかもいいますね。

「いいほうが出たらイーペイコー」という意味で。

逆に確定しているイーペイコウはこんな感じです。

    
(一盃口は完成していて、他の部分であがりを待っている)
    
(カンチャン待ちなどの場合は「当たり=イーペーコー」が確定)

6枚で完成させることができるから他の役とも相性がいいんですよ川≧∇≦川 おーほっほっほほ♪



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ;;;;(;・・)ゞウーン


今から5時間後にはついに待ちに待った塾の友だちとの麻雀だ。
早く来ないかな(⌒▽⌒)アハハ!



おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。