2014年04月05日

DORA麻雀の役「三暗刻」 & 映画「インファナル・アフェア」について

今日は20時から大雨ですわ†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

雨ならば嫌だな〜┗┃ ̄□ ̄;┃┓ ガーン!!

先輩との約束があるからな〜ε=ε=ヾ( ×o☆[壁] ガコッ!!
まっ、いいか♪
キャンセル_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!

++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね〜
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています(▼-▼*) エヘ♪
と言ってもヤフーにある感想ですがぎゃははははは _(T-T)ノ彡☆ばんばん!


本日は「インファナル・アフェア」の感想について紹介しようかと思っています!!わ〜い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ〜い♪


この映画の製作年は2002年です

監督はアンドリュー・ラウとアラン・マックで、脚本がアラン・マック、フェリックス・チョンです!!!(≡^∇^≡)ニャハハ

この映画のメインは何と言っても!!!アンディ・ラウ (ラウ)です!!!!(・へ・;;)うーむ・・・・

取り敢えず、この映画の俳優さんは、アンディ・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン〔1961年生〕、エリック・ツァン、サミー・チェン、エディソン・チャン、ショーン・ユー、ケリー・チャン、チャップマン・トゥ、エルヴァ・シャオってな感じヘ(~∇~*ヘ)))))... ...(((((ノ*~∇~)ノウヒョヒョヒョ♪

香港の映画なんて全く気に留めることが

なかった私ですが、この作品を観てそんな自分を

猛省いたしました。



近年これほど真正面から脚本で勝負を

かけ、なおかつ大成功した作品はそうないで

しょう。



100分という最近では短いくらいの尺の中、

ゾクゾクとした緊張感が途切れる事なく続く。

少々突飛とも思える設定も、主役二人を

中心に人物描写の上手さのおかげで

全てリアルなものに仕上げています。



演技も素晴らしい。



アンディ・ラウやアンソニー・ウォンもさる事なが

ら、トニー・レオンには心から感服。





これ以降、お三方の出演作をチェックするように

なりました。



やたらと手の込んだ演出など無くとも、

スタイリッシュで渋くて切ないカッケー男のドラマは

描けると言う事を再確認。

久々の男くさい作品に痛く感動しました! 傑作!

++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね〜。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は三暗刻に焦点を当てたいと思います!!!( * ^)oo(^ *) クスクス


三暗刻

手の中に暗刻(アンコ)(自分で同じ牌3枚を集める)を3つ作ったら成り立つ。


鳴いていてもいいですが、下図のようにシャンポン待ち(or待ち)の自摸は成立しますが、
ロンの場合、暗刻(アンコ)はないので成り立ちません。 


4索 4索 4索 3萬 3萬 3萬 6萬 7萬 8萬 1萬 1萬 9ピン 9ピン


鳴いても成り立ちますが、ロンの時だけ不成立となります際があるため、
上記で確認ください。

複合役:役牌・対々和(トイトイホウ)・三色同刻・混一色(ほんいつ)・清一色(チンイツ)など



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三暗刻(出現割合:0.76%)
暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ。。。o(゚^ ゚)ウーン


今から12時間後にはついに中学3年生の友だちとの麻雀です。
早く来ないかな=*^-^*=にこっ♪

DORA麻雀 賞金


こちらです




おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。