2014年04月07日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 190 $の負け & 映画「ワールド・オブ・ライズ」について

季節もすっかり夏が終わり秋だな〜シュルシュル〜〜〜〜|つ ̄ω ̄|つ
就寝時もちょっと寒くブランケットを用意していないと寒い気がします
秋風邪にかからないよう気を引き締めていきましょう柱| ̄m ̄) ウププッ

+++++++++++++++++++++++++++

最近映画一筋な感じなのでお勧め映画の感想を紹介していきたいと思います。クルクル()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) オハグロ( ̄▼ ̄)ニヤッ!

はい!?あなたの紹介文じゃないの?
というツッコミは華麗にスルーします( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


今日は「ワールド・オブ・ライズ」の感想について紹介しようかと思っています!!!m(;∇;)m うれしすぎるっ!


この映画の製作年は2008年です!!

監督はリドリー・スコットで、脚本がウィリアム・モナハンです!!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

この映画の主役はレオナルド・ディカプリオ (ロジャー・フェリス)やラッセル・クロウ (エド・ホフマン)です!!!( ̄ヘ ̄)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、マーク・ストロング〔1963年生〕 (ハニ・サラーム)、オスカー・アイザック (バッサーム)、サイモン・マクバーニー (ガーランド)、ゴルシフテ・ファラハニ (アイシャ)ってな感じ(@⌒ο⌒@)b ウフッ

命懸け&汗まみれのディカプリオと、

子育て中&左ウチワなラッセル・クロウのコントラストが

いい感じ。



ただし、いま一つ物足りないのは、

全体に漂う「甘さ」のせいでしょうか。



ディカプリオが妙にヒューマンでお人好し風。



虚々実々の舞台で真剣な恋愛なんかしちゃダメで

しょ。



少し前、テレビでビンラディン掃討作戦を

描いたドキュメンタリーがありました。



国防省の周到な準備といい、ホワイトハウスのタヌキぶりといい、

現場に突入する精鋭部隊の緊迫ぶりといい、

まさに「事実は映画よりも映画なり」という感じ。

それに比べれば、この作品はまだまだファンタジーの世界。



どうせ映画なんだから、現実をもっとデフォルメして、

トラウマになるほど冷徹に、残酷に

、シュールに描いてくれればいいのに







+++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね〜《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は字一色に焦点を当てたいと思います!!"Ψ|`┏ω┓´|Ψ"ブヒャヒャ!!


7種類ある字牌のうち5種類を使った対々和(といといほー)の形、
もしくは7種類例外なくを使った七対子の形になります。

そんなにの場合副露した対々形式でのホーラとなります。

配牌にどれくらいの字牌対子が含まれているかで大きく成否が左右されちゃう。

鳴いて手作り可能のから、配牌の如何によっては比較的早い巡目で
テンパイに漕ぎつけることもあるが、派手な副露になってしまうため、
警戒されることも多いヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


使う牌の性質上四喜和(大四喜・小四喜)や大三元とは複合し易く、
非常に稀にではあるが四暗刻と複合することもありますイエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色、対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満。
手広く打った場合は「混一色、対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。「(ーヘー;)え〜と...



DORA麻雀 登録

今晩はこの辺で
しかし今日は肩が痛いなあ
お休みなさいお(○`o´○) や(○`O´○) す(○`ε´○) みぃ(○`−´○)



おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。