2014年04月19日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 84 $の勝ち & 映画「オーメン(2006)」について

昨日は特に暑いd(-_☆)ラジャ

秋と言えばサンマが旬ですねo( ̄ー ̄)○☆パンチ!

秋刀魚に合わせる食べ物と言えば小松菜の煮浸しだろうね(^w^) ぶぶぶ・・・


そしてこれにキュ〜っと「霊泉汲尽」を飲むと最高です( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここんとこ映画一筋な感じなのでレビューをご紹介させて頂きたいと思います!!!!キャハキャハ!!(^Q^)/゙

はい!?あんたのレビューではないの??
なんて突っ込みはスルーでワーイ♪ヘ(゚∇゚ヘ)v^ー゚)v ヘ(゚ー゚ヘ)ノ゚∇^)ノ ワーイ♪


本日は「オーメン(2006)」の感想を紹介したいと思っています!(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ


この映画の製作年は2006年です

監督はジョン・ムーア〔監督〕で、脚本がデヴィッド・セルツァーです!!!!ヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ

この映画のメインは何と言っても!!!リーヴ・シュレイバー (ロバート・ソーン)です!!!(?(。_。).。o0O??

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとリーヴ・シュレイバー (ロバート・ソーン)、ジュリア・スタイルズ (キャサリン・ソーン)、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック (ダミアン・ソーン)、ミア・ファロー (ベイロック夫人)、デヴィッド・シューリス (ジェニングス)、マイケル・ガンボン (カール・ブーゲンハーゲン)、ピート・ポスルスウェイト (ブレナン神父)、ハーヴェイ・スティーブンス〔1970年生〕 (タブロイド紙の記者)ってな感じ。ワーイッ \( ̄ー\)(/ー ̄)/ワーイッ

ほぼオリジナルをトレースするように

作られている本作。

でも何かが決定的にもの足りなく感じるのは

なぜだろう?まず第一に思うに、ダミアンに

感じる得体の知れない怖さが圧倒的に

不足しているせいではないだろうか? 表情の不気味さが

オリジナルにはあったが本作にはまったくそれが

感じられない。





次に、やはりアメリカ大使がグレゴリー・ペックだったのは

非常に大きいのだと感じさせられる。



重厚さという点で本作と比較のしようもない。



あとは、音楽が本作もJGというのだが

、なぜかオリジナルほどのおどろおどろしい感じが

本作ではまったく感じられなかったのが

残念。



どうして?それから、ジェニングス役の役者が

デヴィッド・ワーナーとイメージ的に

重なるように思えたのはよかったのだが

、なぜ「ガラス板」じゃないんだ? そこが

決定的に違ったのがダメなのかもしれない(笑)。



救われる点は、ミア・ファーローが

不気味さを醸し出していたところくらいか。



でも、アップになったときにそばかすが

可愛く思えてしまったのがもったいない(笑)。



ミアはファニーフェイスで好きだから、

可愛く思わせた点でホラーとしては

失格!ところで、レポーター役で元祖ダミアンが

居たというのだがまったく気がつかなかったよ。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね〜。ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思います。(*゚▽゚*)



刻子を中心に作る手の中で、とても美しい役があるのです。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(コウツ)を3つ揃えると完成する三色同刻(さんしょくどうこう)で、
役は2ハンですが、2ハンにしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成立するんだ役ですが、
記憶の限りでは俺はこの三色同刻(さんしょくどうこー)をホーラしたことがない(。>0<。)ビェェン


順子(しゅんつ)で構成する三色同順(サンショクドウジュン)であれば頻繁に見ることができるのですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(・x・ ).o0○


今から7時間後にはついに待ち焦がれたマナビスの友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ〜〜ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ

DORA麻雀を楽しもう




おすすめ記事




posted by つっちぃたん at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。